日本のロックミュージシャンの草分け的存在で、「我が良き友よ」のヒット曲でも知られるミュージシャンのムッシュかまやつ(本名釜萢弘〈かまやつ・ひろし〉)さんが1日午後6時5分、膵臓(すいぞう)がんのため東京都内の病院で死去した。78歳だった。通夜、葬儀は近親者で営む。後日、お別れの会を開く予定。喪主は長男でミュージシャンのTAROかまやつさん。

 父は日本にジャズを広めた米国生まれのミュージシャン、ティーブ釜萢。青山学院高等部時代からカントリー&ウェスタンバンドで米軍キャンプなどを回った。61年にドラムの田辺昭知さん(現・田辺エージェンシー社長)が結成したザ・スパイダースにギターなどで参加。「ムッシュ」は当時からの愛称で、かまやつさんが作曲した「あの時君は若かった」「バン・バン・バン」「ノー・ノー・ボーイ」は堺正章さん、井上順さんのボーカルで人気を集め、グループサウンズの全盛期を築いた。

 70年の解散後、一人多重録音のアルバム「ムッシュー」を発表するなど、ソロ歌手としての活動を本格化させた。75年、吉田拓郎さんが作詞作曲したフォーク調のシングル「我が良き友よ」が大ヒット。グルーブ感満載のB面曲「ゴロワーズを吸ったことがあるかい」(作詞作曲はかまやつさん)も代表曲になった。

 長髪にニットキャップがトレードマークで、ひょうひょうとしたキャラクターは音楽番組などでも親しまれた。近年も10代、20代のメンバーとファンクバンド「LIFE IS GROOVE」を組み、ロックフェスなどのステージに立ち続け、世代や分野を超えたミュージシャンに影響を与えた。

 16年5月に肝臓がんであることがわかり、闘病していた。歌手の森山良子さんはいとこにあたる。

井上順さん「素晴らしい兄貴」

 私が自慢できることの一つはスパイダース全員が元気でいることでした。スパイダースが多くの人たちに愛されたのも、かまやつさんの存在があったからです。

 スパイダースの世界を作り上げたオリジナル曲、多くの方たちを楽しませたダンスパフォーマンス、ミリタリールックを始めとするファッションなど、スパイダースは“かまやつさんありき”でした。

 いつも温厚でどんな時もあの優しい笑顔で場を和ませてくれました。今振り返ってみても、かまやつさんが怒った姿を一度も見たことがありません。そして、私自身も、かまやつさんに育てていただきました。素晴らしい兄貴であり、人生の先輩だった、かまやつさん、本当にありがとうございました。