[PR]

 わいせつ動画を無修整のままインターネットで配信すると知りながら撮影に応じたとして、警視庁は、出演者の男女ら5人をわいせつ電磁的記録等送信頒布幇助(ほうじょ)容疑で逮捕し、2日発表した。同庁によると、同容疑で出演者が逮捕されるのは珍しいという。

 保安課によると、逮捕されたのは、アダルトビデオに俳優を派遣するプロダクション「ディクレア」(東京都渋谷区)の社長、石崎宣行(35)=渋谷区=と、同社のマネジャー雪本剛章(34)=世田谷区=の両容疑者、出演者の男女3人の計5人。

 5人の逮捕容疑は昨年2月2日、新宿区のスタジオでわいせつな動画を撮影。同8月にインターネットの動画配信サイトに無修整のまま配信させ、不特定の人が見ることができるようにしたというもの。雪本容疑者は容疑を否認し、ほか4人は認めている。

 ディクレア社は俳優を制作会社に派遣することで2009年以降、約1億5400万円を売り上げていたという。