[PR]

 女性警察官に馬乗りになってけがを負わせたとして、警視庁が自称医師の40代の男=東京都中央区=を公務執行妨害や傷害などの疑いで現行犯逮捕していたことが同庁への取材でわかった。「正当防衛だった」と述べ、容疑を否認しているという。

 月島署によると、男は2月28日午後6時40分ごろ、無人だった同署リバーシティ駐在所(中央区佃2丁目)で、駐在所内の卓上の電話機を床に投げつけて壊し、物音に気付いて駆けつけ、男を制止しようとした同駐在所勤務の30代の女性巡査部長に馬乗りになってひざなどにけがを負わせた疑いがある。その後、同じ駐在所に勤務する女性巡査部長の夫も駆けつけ、夫妻で男を取り押さえたという。