[PR]

 宮崎県は3日、同県東臼杵郡の高齢者施設でインフルエンザの集団感染があり、入所者の90代男性が死亡したと発表した。ほかに入所者12人(70代~100歳代)と職員7人(20代~60代)が感染し、入所者2人は入院中。県によると、2月28日に施設から保健所に連絡があり、男性は入院先の病院で亡くなったという。

関連ニュース