[PR]

 福岡市博多区で昨年7月、金塊約160キロが警察官を装った男らに盗まれた事件で、福岡県警が換金に関わったとみられる関係先を近く家宅捜索することが捜査関係者への取材で分かった。

 九州一のターミナル駅前で白昼に起きた6億円相当の金塊盗難事件で、捜査の局面が大きく動き出す。近く強制捜査に乗り出す福岡県警は、犯行グループが金塊の窃取から換金に至るまで、綿密な計画に基づいて事件を実行したとみて、全容の解明を急ぐ。

 捜査で浮かび上がったのは、グループの周到な準備と様々な不可解な側面だった。

 「密輸品なのは分かっているんだぞ」

 JR博多駅の筑紫口近く。被害男性らが金塊を売る予定だった貴金属店が入るビルのエントランス付近で、金塊入りのケースを持つ男性らを囲んだ数人の男はそう声をかけた。

 男らが着ていたベストには、胸…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら