【動画】救助活動が続くヘリの墜落現場=野津賢治撮影
[PR]

 長野県防災ヘリコプター「アルプス」の墜落事故で、同県警、自衛隊、消防などは6日早朝から捜索を再開し、機内に取り残されていた6人を午前9時半までに発見、救助した。県警は同日、この6人について、収容先の病院で死亡が確認されたと発表。これでヘリに乗っていた9人全員が死亡となった。

 県警や自衛隊などのヘリから降りた捜索隊員と、徒歩で登った計103人の捜索隊員が、午前8時ごろに墜落現場となった松本市の鉢伏(はちぶせ)山の山中で合流し、救助活動を進めた。5日の捜索で発見されていた2人をまず機内から救助して搬送。その後、4人も救助した。

 墜落したアルプスには、山岳救助訓練のため計9人が搭乗。5日午後1時31分に松本空港を離陸し、同1時45分ごろには県消防防災航空センターと連絡がつかなくなった。同3時12分、県警のヘリが山中に墜落しているアルプスを発見した。県によると、このヘリはボイスレコーダー、フライトレコーダーは、ともに搭載していないという。

 5日の捜索では県消防防災航空隊のパイロット岩田正滋さん(56)=松本市=、いずれも隊員の伊熊直人さん(35)=松本市=と甲田道昭さん(40)=同県上田市=の計3人の死亡が確認された。6日の捜索で新たに死亡が確認されたのは、いずれも隊員の伊藤渉さん(35)=松本市=、高嶋典俊さん(37)=同=、大工原正治さん(42)=松本市神林=、瀧沢忠宏さん(47)=同市島内=、小口浩さん(42)=塩尻市広丘郷原=と、同隊整備士の清水亮太さん(45)=松本市神林=の6人。