[PR]

 大阪府豊中市の国有地を取得した学校法人「森友学園」が4月に開設予定の小学校をめぐり、松井一郎知事は6日、年度内の認可について「物理的に難しい」と述べ、認可が4月以降に先送りされる公算が大きくなった。大阪府庁で記者団に語った。

 認可の可否を巡っては、23日に開く府私学審議会の審議を踏まえ、府教育庁が判断する予定。府教育庁が、小学校予定地に残されている産廃土の搬出計画や今後の収支計画などを14日までに提出するよう学園側に求めている。

 しかし、先月の私学審議会で学園側が「愛知県の中等教育学校と推薦入学枠の提供で合意」と報告したことに、この学校を運営する学校法人が「事実無根」と否定していることが発覚。また、国が補助決定時に小学校舎・体育館の建築費を15億円前後とした一方、学園は府私学審議会に「建築費7億5600万円」と報告したことも判明した。

 松井知事は「彼らが提出した書…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら