[PR]

 学校法人「森友学園」への国有地売却問題で、売却先を公募した2013年当時に財務省近畿財務局長だった広島県福山市の枝広直幹(なおき)市長(61)は6日、報道陣の取材に「在任中に学校法人の名を聞いたことがない。理事長とも会ったことはない」と話した。

 枝広氏は13年6月下旬~14年6月に近畿財務局長を務めた。財務局は13年6月3日に大阪府豊中市の国有地の売却先を公募。同9月に森友学園が取得希望を出した。

 枝広市長は、公募開始は着任前だったとし、「記憶をたどっても(学園の)名前も出てこない」と述べた上で、「担当者レベルではやりとりがあったと思うが、逐一報告されることはない」と述べた。