[PR]

 北朝鮮の金正恩(キムジョンウン)・朝鮮労働党委員長の異母兄、金正男(キムジョンナム)氏が殺害された事件で、マレーシア政府から国外退去を命じられた北朝鮮のカン・チョル駐マレーシア大使が6日、民間機で出国した。北京経由で平壌に帰国するとみられる。一方、北朝鮮外務省は、同国に駐在するマレーシア大使について「ペルソナ・ノン・グラータ(好ましからざる人物)と決定した」として、国外退去処分にすると発表した。朝鮮中央通信が6日夜、伝えた。

 カン大使は出国の期限とされた6日午後6時(日本時間午後7時)の約1時間前にクアラルンプール国際空港に到着した。マレーシア警察の捜査を批判したことについて、「国の立場を代弁しただけだ」と述べ、「40年以上続く両国関係を害する極端な措置に深刻な懸念を表明する」などと主張した。マレーシア側が求めてきた謝罪はなかった。

 駐北朝鮮のマレーシア大使は、カン大使の事件後のマレーシア当局に対する批判の発言を受けて召還され、既に帰国している。

 マレーシアのナジブ首相は6日、記者団に「(北朝鮮には)何も期待できない」と失望感をあらわにした。強硬な態度を崩さない北朝鮮に対し、さらなる対抗措置を検討し、「断交すべきだ」といった強硬論も一部に出ている。(クアラルンプール=都留悦史、ソウル=牧野愛博)

■大使館に重要参考人かくまう?…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら