【動画】茨城県立医療大病院で始まった装着型ロボット「HAL」を使った治療=吉田晋撮影
[PR]

 神経や筋肉の難病で歩けなくなった患者を対象に、装着型ロボット「HAL(ハル)」を使った治療が阿見町の県立医療大病院で始まった。昨年4月に公的医療保険の適用になってから、県内では初の取り組み。ロボットに助けられながら歩行訓練を繰り返すことで、歩く感覚を取り戻し、機能回復が期待できるという。

 HALは筑波大発ベンチャー企業「サイバーダイン」(つくば市)が開発。腰や足にベルトで固定し、モーター駆動で歩行を助ける。肌に貼り付けたセンサーで筋肉を動かそうとする際の電気信号を読み取り、コンピューターが最適な動きを制御する仕組みだ。

 治療の対象になるのは、筋力が衰える筋ジストロフィーや筋萎縮性側索硬化症(ALS)など八つの難病で、自力では歩けない患者。HALを使って、力の入れ具合や体重移動など、忘れていた感覚を取り戻すことで、通常のリハビリより歩行距離が伸びる効果が確かめられている。

 HALの治療を始めて3週間に…

この記事は有料会員記事です。残り202文字
ベーシックコース会員は会員記事が月50本まで読めます
続きを読む
現在までの記事閲覧数はお客様サポートで確認できます
この記事は有料会員記事です。残り202文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
この記事は有料会員記事です。残り202文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
関連ニュース