[PR]

 参院は8日の本会議で、北朝鮮による弾道ミサイル発射に抗議する決議を全会一致で採択した。決議では、今回の発射が「新たな段階の脅威であることを明確に示し、我が国及び地域、国際社会全体の安全保障に対する明らかな挑発行動」と非難。北朝鮮に対して「核及び弾道ミサイル計画を放棄し、更なる挑発行動を行わないよう強く求める」とし、日本政府には米韓との連携強化や独自制裁の徹底・強化などを求めた。衆院でも9日の本会議で同様の決議を採択する。

こんなニュースも