【動画】小学校建設予定地で記者団に話す森友学園の籠池理事長=長野佑介、橋本弦撮影
[PR]

 大阪府豊中市の国有地を取得した学校法人「森友学園」の籠池泰典理事長は9日、現地調査に来た府教育庁職員への対応のため、いったん建物の中に入った後、再び報道陣の前に姿を見せた。

 学園側が、府私学審議会に対し、愛知県の中等教育学校と推薦入学枠の提供で合意したと事実と違う報告をしたことについて、「我々のコンサルタントの方でちょっと書きミスをしたとしか言いようがない。(交渉は)現在進行形だったが決定と書くのはおかしく、本当に申し訳ない」と話した。

 契約書によって小学校の建築事業費の金額が異なっている問題について、建設費はいくらかと報道陣から問われると、「7億5千万円」と答え、府教育庁に報告した契約書の金額を挙げた。ただし、金額が異なっている理由については「府庁の人たちに中身を確認してもらわなければ」と語った。