[PR]

 フリースタイルスキーとスノーボードの世界選手権は9日、スペイン・シエラネバダでスキーのデュアルモーグル男子があり、19歳の堀島行真(中京大)が優勝した。8日のモーグルに続き、世界選手権で日本男子初の金メダルに輝いた。日本選手が世界選手権のモーグルとデュアルモーグルをともに制するのは、2009年大会の上村愛子以来、2人目。

 2人同時に滑って競うトーナメント形式で行われ、堀島は3回戦でワールドカップ(W杯)で6季連続の種目別優勝をしているミカエル・キングズベリー(カナダ)を破った。(吉永岳央)

     ◇

 《堀島行真》 「(2冠を)取りたいと思っていたが、本当に取れるとは。すごくうれしいが、驚きの方が大きい」(時事)

こんなニュースも