[PR]

26歳のひとり娘が不明 成田博美さん(57)

 851人が犠牲になった女川町。午前11時すぎ、女川港の沖合で、石巻市の看護職成田博美さん(57)が船上から赤やピンクの花束を海に投じた。ひとり娘の絵美さん(当時26)に「早く帰っておいで」と祈り、海に手を差し入れた。

 絵美さんは震災の前年に親もとを離れ、半年後、4歳年上の彼氏と籍を入れた。結婚式は2011年秋の予定だった。スライド上映のため、幼いころのアルバムをめくっては「どれがいいかな」と選んでいた。

 女川町の七十七銀行女川支店で…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら