[PR]

(12日、名古屋ウィメンズマラソン)

 安藤と清田の快走が、世界陸上の代表選考からもめる要素を吹き飛ばした。2人に加え、大阪国際女子を2時間24分22秒で制した重友梨佐(天満屋)の3人以外はあり得ない。焦点は「誰を選ぶか」から「本番で勝てるか」に移った。日本陸連の瀬古利彦リーダーは「世界陸上で優勝もね。メダルを取るのは見えてきたかな」と期待した。

 女子の選考で導入された「ネガ…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

980円で月300本まで2種類の会員記事を読めるシンプルコースのお申し込みはこちら