[PR]

(12日、WBC2次リーグE組 日本8―6オランダ)

 長い試合だったが、それを感じさせなかった。流れが二転、三転して延長タイブレークにもつれこんだ死闘。しびれる展開だった。

 多くの大リーガー野手を擁するオランダは、2次リーグ最強の敵。ただ、投手層は厚くはない。三回にバンデンハークを攻略した時点で、日本は勝利に近づいたはずだった。

 しかし、オランダも簡単に勝たせてはくれない。石川が打たれあっさりと追いつかれた。五回に小林の適時打で勝ち越してからは、一転して投手戦に。ピンチの連続となった。

 日本が劣勢のたびに、静まりかえる東京ドームに「がんばれー」の声が響いた。五回無死二、三塁は千賀が連続三振から切り抜ける。七回は1死一塁から菊池が美技をみせ、八回は1死満塁から増井が好救援。九回は則本が同点に追いつかれたが、サヨナラのピンチをしのぐ。十回からは牧田。9投手がつないで勝利をもぎとった。これぞWBCという名勝負。目指す「世界一奪還」に向け、はずみのつく勝利になるはずだ。(吉村良二)