[PR]

 開会中の大阪市議会で、性的少数者(LGBT)に関する施策が議論された。市によると、同市議会で質疑されるのは初めて。市は議員の質問を受け、専用ホームページ(HP)の開設や窓口対応時の留意点をまとめた手引の作成など、新たな施策を明らかにした。

 13日の財政総務委員会で、大阪あべのの梅園周議員=阿倍野区=が、市の取り組みについて「発信力を高めることで、性的少数者が『大阪市は自分たちに優しいまちだ』と安心でき、市民の理解も深まるのではないか」と尋ねた。

 市民局は「市の取り組み状況をトータルに掲載したページを新たに作成し、SNSなども活用して情報発信の強化を図る」と答弁。今春にも専用のHPを設け、LGBTをめぐる課題なども載せるという。

 市内では、2013年に「LG…

この記事は有料会員記事です。残り907文字
ベーシックコース会員は会員記事が月50本まで読めます
続きを読む
現在までの記事閲覧数はお客様サポートで確認できます
この記事は有料会員記事です。残り907文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
この記事は有料会員記事です。残り907文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
関連ニュース