[PR]

 福岡市の遊園地「かしいかえん」の改装工事が終わり、14日に近隣の幼稚園児らを招待して内覧会があった。観覧車を44年ぶりに建て替え、園内には10万本以上の花を植えて季節ごとの変化を楽しめるように。16日に新装オープンする。

 「家族3世代で楽しめる遊園地を目指した」(谷川道男園長)といい、ベンチを増やし、通路も軟らかく歩きやすいゴムチップ舗装にした。2017年度は40万人の入場を目指す。

 西日本鉄道が運営するかしいかえんは施設の老朽化などからリニューアルを決め、昨年11月から工事で休業していた。(高橋尚之)