[PR]

 沖縄の基地反対運動を一方的な立場から伝えたとして批判が出ている東京メトロポリタンテレビジョン(MXテレビ)の番組「ニュース女子」について、制作会社「DHCシアター」が13日、ネット上で批判に反論する内容の番組を配信した。

 MXテレビで1月2日に放送された番組は、放送倫理・番組向上機構(BPO)の放送倫理検証委員会が審議入りを決めている。ネットでの配信について、MXテレビは「委員会の審議に影響を及ぼす可能性があるため、沖縄をテーマにした今回の番組の放送は見送った」としている。

 配信されたのは「ニュース女子 特別編 マスコミが報道しない沖縄 続編」と題した1時間あまりの動画。通常の番組と同じく東京新聞の論説副主幹だった長谷川幸洋氏が司会を務めた。「一部の反対派を『テロリストみたい』と表現したのは問題だったのか?」などをテーマにコメンテーターらが議論した。番組で人権を侵害されたと訴えている人材コンサルタントの辛淑玉さんにも出演を依頼したが、スケジュールが合わなかったとも説明した。(田玉恵美)