[PR]

 山形県で女性宅に侵入し、乱暴したとして強姦(ごうかん)致傷などの罪で起訴されたNHK山形放送局の元記者、弦本(つるもと)康孝容疑者(28)について、山梨県警は15日、前任地の山梨県内での20代女性に対する強姦と住居侵入の容疑で再逮捕し、発表した。「一切身に覚えがない」と否認しているという。

 県警によると、弦本容疑者は2014年10月4日午前4時ごろから約30分の間に、山梨県内の一人暮らしの女性宅に侵入し、就寝中の女性に乱暴した疑いがある。現場の遺留物のDNA型と、弦本容疑者のDNA型が一致したという。

 弦本容疑者は11年にNHKに入局し、甲府放送局に配属。15年7月に山形放送局に異動した。16年2月に山形県内で20代女性宅に侵入して乱暴し、けがを負わせたとして今年2月に逮捕され、2月16日付で懲戒免職になった。

 NHKは「被害にあわれた方や関係者、視聴者の皆さまに改めて深くお詫(わ)びいたします」とのコメントを出した。