[PR]

 4月から始まる大型観光企画「四国デスティネーションキャンペーン(DC)」を前に、新しくなったJR琴平駅(香川県琴平町)のグランドオープンが16日にあった。式典でJR四国の半井真司社長は「(琴平駅は)DCの目玉の地であり玄関口。町の情報、観光の拠点のようになってもらいたい」と話した。

 琴平駅は1889年開業。1922年に3代目の駅舎が現在の場所に建設され、2012年には国の有形文化財に登録された。老朽化が進んだため、DCにあわせて改修工事を続けていた。

 新しい駅舎は駅名標を変更するなど1922年の完成当時の外観に近づけた。この日は、4月に運行を始める観光列車「四国まんなか千年ものがたり」専用の待合室も公開された。

 近くにある金刀比羅宮(ことひ…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら