[PR]

 防衛省の防衛監察本部が17日、南スーダンの国連平和維持活動(PKO)に参加する陸上自衛隊作成の日報をめぐる特別防衛監察に乗り出した。同省は1月に陸自内で日報が発見されたものの、公表しないよう指示があったことを確認しており、誰の指示だったかが焦点となる。一方、稲田朋美防衛相は国会で、監察中であることを理由に答弁を避ける場面が目立ち、野党から批判が強まっている。

 特別防衛監察は検事や同省職員らが関係部署に立ち入って文書を確認したり、関係者から事情聴取したりする。今回の監察対象は内部部局と統合幕僚監部、陸上幕僚監部などにおよび、パソコンの端末から日報のデータが削除されていることから、電子データの解析も行う方針だ。

 稲田氏はこの日の衆院外務委員会に出席。民進党の後藤祐一氏は内部告発と受け取れる報道が相次いでいるとして、「シビリアンコントロール(文民統制)が効いていない証拠だ」と批判した。稲田氏は「(いったん)不開示とした日報を、私の指示のもとで徹底的に捜索をして公表した。これもシビリアンコントロールだ」と主張。「防衛省、自衛隊に隠蔽体質があるとすれば、徹底的に改革することが私の責任だ」と強調した。

 一方、答弁を避ける場面も相次いだ。日報の存在について報告を受けていたと報じられた岡部俊哉・陸上幕僚長に稲田氏が事実確認したことをめぐり、確認時期などをただす質問には「特別防衛監察が実施されたことからコメントは差し控えたい」。日報の調査に当たってきた幹部職員から聴取したかどうかについても「コメントすることは差し控えたい」と繰り返した。

 過去4回にわたり行われている…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも