[PR]

 7月の東京都議選(定数127)に向けて、自民党が小池百合子都知事との対決姿勢を前面に出してきた。選挙態勢を整える小池氏側に危機感を募らせ、注目度の高い豊洲市場問題で小池氏の説明不足を追及するが、弱みも抱えている。

 「残念ながら今、小池劇場に翻弄(ほんろう)されているという思いがある。自民はしっかりとした対応が求められている」。17日、都内であった党本部と都連の役員による都議選対策の会合で、都連会長の下村博文衆院議員が訴えた。

 都議会最大会派の自民(都議5…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら