[PR]

天野峰子さん(84)旧広島市大手町で被爆

 「あの日」朝、旧広島市大手町8丁目(現・中区)にあった大手町国民学校には、遊びに来ていた子どもたちの姿があった。

 1945年8月6日。友だちと学校に来た天野峰子さん(84)=広島市東区牛田中2丁目=は、校舎2階の教室の窓から、青空を飛ぶB29を見た。直後に閃光(せんこう)が走り、机の下に潜ってから気を失う。爆心地からの距離は、およそ1キロ。

 「バリバリ」。しばらくして、ものが燃える音で目を覚ました。

 「生きとる?」

 「生きとるよ」。友人も無事とわかり、少し力が出た。崩れた校舎の下敷きになっていたが、何とかはい出た。辺りは真っ暗で、いたるところで火の手が上がる。助けを求めて叫んでも、誰も来なかった。

 頭と両腕には爆風で吹き飛ばさ…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら