[PR]

 福島から避難した子どもたちは、避難先での心ない言葉に苦しんでいた――。原発事故の集団訴訟としては初めてとなった前橋地裁判決は、原告の子どもの男女5人が、学校などでの嫌がらせやいじめで精神的苦痛を受けたと認定していた。判決からは、その5人以外の原告にも、不登校やなまりに苦しんだ子どもがいることが見て取れた。

 朝日新聞が判決文全文を分析した。原告137人のうち、6年前の東日本大震災当時、18歳未満だった原告は51人。うち男女5人について地裁は、嫌がらせなどによる精神的苦痛を認めていた。

 判決によると、福島県から東京都に避難したある男子生徒は、転校先の中学校で「服に放射能がついている」とからかわれた。先生が何度もかばい、助けられたという。群馬県内の小学校に転校し、「貧乏神」と呼ばれた男児もいた。

 5人のほかにも、地裁が原告側…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら