[PR]

(22日、選抜高校野球 福岡大大濠6―3創志学園)

福岡大大濠・樺嶋竜太郎

 清原和博、松井秀喜、中田翔らと肩を並べる2打席連続本塁打。「自分はそこまでのレベルではないので、これに満足せずに練習を怠らないようにしたい」。2年生では清原以来2人目、8番打者としては初の快挙だ。

 カウント3―1。大きなフォロースルー。左翼席で跳ねる打球。一塁を回ってのガッツポーズ。二、四回の打席はビデオの繰り返しのよう。違ったのは仕留めた球種。先制打はスライダーを、次は直球を捉えた。

 大会前の練習試合で4本塁打。試合前の素振りでも「振れている」と実感していた。それでも8番の役割は「チームのために、上位につなぐ打撃。中堅から右を意識して」。バットは指2本分短く持つ。八木監督は「三振も多いが、思い切り振ってもらいたいから8番。まさか2本出るとは」。

 15歳以下の日本代表経験者の好きな言葉は「自力本願」。「他人の力を頼らずに自分の力でやりたい」。チームの選抜初勝利をぐいっとたぐり寄せた。(堀川貴弘)

     ◇

 ○三浦(福) 昨秋の公式戦13試合を1人で投げ抜いた右腕。3失点完投に、「誰にもマウンドを譲りたくない。チームを勝たせられてよかった」。

 ○平野(福) 四回2死二、三塁で右翼への飛球を背走して好捕。「甲子園は風で打球が伸びることも考えた。捕れたのは流れの中でも大きかった」