[PR]

 ロンドン中心部の英国会議事堂とその周辺で約40人が死傷した22日のテロ事件で、英警察は23日、射殺された実行犯について英南部ケント州出身のカリド・マスード容疑者(52)と特定した。一方、ロンドン警視庁は、ウェストミンスター橋で暴走車にはねられて重体になっていた男性(75)が同日死亡したと発表。実行犯を除く事件の死者は4人になった。

 警察によると、マスード容疑者は1983~2003年に傷害やナイフ所持など複数の罪で有罪判決を受けたことがあるが、テロ関連の犯罪歴はなかったという。直近は中西部に居住していたとされる。

 今回の事件は、同容疑者がイスラム過激思想に傾倒し単独で犯行に及んだとみられている。当局は22日夜から関係先とみられるロンドン東部や中部バーミンガム、ウェールズ南部など広範囲で家宅捜索を行い、男5人、女3人の計8人を逮捕した。逮捕容疑はいずれもテロ準備容疑という。

 英タイムズ紙などによると、マスード容疑者は南東部の町ライで育った。生まれながらのイスラム教徒ではなく、改宗前は「エイドリアン・エルムス」という英国風の名前だったという。警察も同容疑者が複数の名前を持っていたと発表している。

 事件前、バーミンガムのレンタカー会社で車を借りた後、南部ブライトンのホテルに事件当日まで滞在。そこでは職業を「教師」と偽っていたという。(ロンドン=渡辺志帆)