[PR]

 無人の東水戸駅を出て、住宅が点在する細い道を抜けると六地蔵寺(水戸市)が姿を現した。

 六地蔵寺の名前は、地獄、極楽など死後の世界で、すべての生き物を救うとされる6体の地蔵菩薩(ぼさつ)がまつられていることにちなむ。平安時代初期に建立されたが、今でも有名な理由は、水戸黄門として知られる徳川光圀(みつくに)・水戸藩2代目藩主とのゆかりだ。

 境内の中央に生える、樹齢約2…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも