[PR]

 囲碁の日中韓トップ棋士3人とAI(人工知能)による初の世界戦「ワールド碁チャンピオンシップ」は最終日の23日、大阪・梅田の日本棋院関西総本部で打たれ、ともに全勝で迎えた韓国ランキング1位の朴廷桓(パクジョンファン)九段(24)と中国ランキング2位のミ昱廷(みいくてい)九段(21)の一戦は朴が勝って優勝した。日本最強AI「DeepZenGo」は日本代表の井山裕太六冠(27)を破り、初勝利。井山は3連敗で最下位に終わった。

 井山が公の場でAIと対戦するのは初めて。米グーグル系の「アルファ碁」が昨年、世界トップ級の韓国の棋士を圧倒し話題を呼んだが、国産AIが第一人者を破ったことは日本の囲碁界にとって大きな衝撃だ。

 世界戦史上、初めて参戦したA…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら