[PR]

 学校法人「森友学園」理事長の籠池泰典氏は23日の衆参両院の証人喚問で、2016年1月に稲田朋美防衛相の夫である弁護士の事務所で、近畿財務局と大阪航空局の職員と会ったと証言した。籠池氏によると、稲田氏の夫を交え、国有地を定期借地していた際の土地改良費を巡る話し合いをしたという。

 稲田氏は、今月8日の参院予算委員会で「夫からは本件土地売却には全く関与していないことをぜひ説明して欲しいと言われている」と述べており、籠池氏の証言と食い違っている。稲田氏の事務所は23日夜、「事実関係を確認中」とする談話を出した。