[PR]

 東京電力福島第一原発の事故で、福島県から横浜市に自主避難した男子中学生がいじめに遭って不登校になった問題を受け、岐阜市立加納小学校の児童が励ましのメッセージを贈った。「いじめをなくしたい」との思いは男子生徒の心に強く響き、「友情」に発展した。

 日頃から人権教育に取り組む加納小では昨年11月21日、5年生の授業で東日本大震災について学んだ。男子生徒が名前に「菌」をつけて呼ばれるなどのいじめで苦しんでいることを授業で紹介した。

 児童は事前に、校長が給食の時間に行う全校放送を通じ、放射能が感染することはないなどの正しい知識を身につけていた。山田歌帆子さん(11)は「原発事故を正しく理解しないで、放射能の怖さを勘違いしていじめをするのはおかしい」と思った。

 5年生の有志が男子生徒を励ま…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら