[PR]

 政権与党が学校法人「森友学園」(大阪市)への国有地売却問題から、安倍晋三首相や昭恵夫人を遠ざけようと躍起だ。学園の籠池(かごいけ)泰典理事長による証人喚問での証言を否定するための資料を次々と公表し、火種を第三者に転嫁。昭恵氏らの証人喚問に応じる様子はない。

 「籠池氏の証人喚問で昭恵夫人とのメールのやりとりが出た。これについて説明したい」。24日の参院予算委員会の質問で、自民党の西田昌司氏はそう切り出した。手には、籠池氏が前日の証人喚問で取り上げた昭恵氏と籠池氏の妻がかわしたメールの文面を印刷した紙の束があった。

 西田氏は「メールには『昭恵氏がした』と(籠池氏が)いう口止めを思わせる内容がない。全く夫人の関与がないことが明らかだ」と主張。西田氏は質問後に記者団にメールの記録を配布した。

 前日の籠池氏の証人喚問で出た昭恵氏との関わりを示す数々の問題点。政権与党はこれを真っ向から否定し、逃げを打っている。

 その一つが昭恵氏付の政府職員が籠池氏側に送ったファクス。この日の予算委では、前日の記者会見でファクスのコピーを配った菅義偉官房長官が「(ファクスの文面は)夫人付(職員)の個人が作成し、個人で所有していた」と改めて主張。やりとりをしたのはあくまで「職員」であることを強調した。

 ファクスの文面には「希望には添えないが、引き続き当方としても見守ってまいりたい」と書かれていた。菅氏は、この「当方」が誰を指すかについて、職員の個人名を挙げ「それは当然、谷(査恵子)さんだと思う」と断言。共産党の小池晃氏は「典型的な『秘書が』『秘書が』という責任転嫁だ」と批判した。

 火種の転嫁は、憲法改正で連携してきた日本維新の会にも及んだ。森友学園の小学校の設立認可申請をめぐり、民進党など野党が追及を強めている政治家の関与の有無について、自民党の西田氏は予算委で「この問題は大阪の審議会に始まった問題だ」と主張。証人喚問で籠池氏が「はしごを外された」と矛先を向けた維新代表の松井一郎府知事の責任を問う考えを示した。自民党中堅は「これから矢面に立つのは維新だ」と話し、首相や昭恵氏から焦点をずらしたい考えだ。

 籠池氏が証人喚問で「新事実」を次々と証言したことで拡大した疑問に対しては、むしろ問題を矮小(わいしょう)化するよう図っている。

 昭恵氏付職員のファクスに記さ…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら