[PR]

 引っ越し大手のアートコーポレーション(大阪府大東市)は、引っ越しが集中する3月下旬~4月上旬の受注を、前年の8割ほどに抑える取り組みを始めた。従業員の長時間労働を防ぐことが狙いだ。

 アートは年間50万件超の引っ越しを扱っている。3月下旬~4月上旬は企業の人事異動が多く、子どもが春休みで引っ越しが比較的しやすいこともあって、全体の3割ほどが集中していた。この結果、1チームが1日に複数の引っ越しを担うことになり、従業員の残業時間が長くなりがちだったという。

 繁忙期を外すと料金も安くなることをアピールし、できるだけ時期をずらすよう、顧客にお願いしている。予定の件数を超えた日は、注文を断る。アートは、「従業員の負担を減らすとともに、お客様にもお得に引っ越しをしてもらいたい」(担当者)という。(岩沢志気)