[PR]

 育毛剤をつくろうとしたら、たまたま歯周病菌を減らす洗口液を開発した女性が、今度は犬猫用の歯磨きジェルをつくった。動物保護団体などに無償提供し、「活動を支援したい」という。

 開発したのは神戸市長田区の元うどん店女将(おかみ)、竹内洋子さん(62)。

 竹内さんは、阪神・淡路大震災で義母を亡くし、落ち込んだ義父を元気づけようと育毛剤の研究をスタート。「お父さんは頭が薄いから、毛はえ薬をつくって頭をなでて塗ってあげたら元気になるんちゃうかな、と思って」。様々な植物をオリーブ油などに漬け、身内相手に実験を繰り返し、6畳ほどの部屋は約100種類のビンでいっぱいになったという。

 その後、ひどい歯周病に悩まされたとき、「一つくらいは効くかも」と何となく試してみると、コウヤマキ(高野槙)を使った試作品で症状が改善。大阪歯科大の実験で歯周病菌が激減する効果が認められたという。

 2007年に洗口液と歯磨きジ…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら