[PR]

 大相撲春場所(エディオンアリーナ大阪)13日目に左肩付近を負傷した西横綱稀勢の里(30)=本名・萩原寛(ゆたか)、茨城県出身、田子ノ浦部屋=が25日の14日目も出場することになった。師匠の田子ノ浦親方(元幕内隆の鶴)が明かした。稀勢の里は13日目、横綱日馬富士に初黒星を喫したが、優勝争いで大関照ノ富士と共に首位にいる。14日目の結びの一番で横綱鶴竜と対戦する。

 この日朝、稀勢の里は大阪市内の田子ノ浦部屋宿舎の稽古場に姿を見せなかった。取材に応じた田子ノ浦親方は「本人が『出られる』と言う。体も動く。横綱ですから、ファンもいるし、いろいろなことを考えながら。本人の強い意思です」と話した。また、けがの状態については「あと2日間、(対戦)相手のこともあるし」と明言を避けた。

 新横綱として2場所連続優勝をめざした稀勢の里は、落ち着いた取り口で初日から12連勝。19年ぶりに誕生した日本出身横綱として話題を呼び、連日満員札止めが続く会場の期待に応えていた。15歳で入門して以降、休場は大関だった2014年初場所千秋楽の1日しかない。

 会場のエディオンアリーナ大阪…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも