[PR]

 25日午前7時15分ごろ、埼玉県川口市芝園町のUR川口芝園団地で、8階に住む男児(3)が2階付近の落下物防止用の網の上に倒れているのを、祖父(54)が見つけた。男児は頭などを強く打ち、搬送先の病院で死亡が確認された。

 県警川口署によると、男児は自宅ベランダから転落したとみられる。施錠してあった窓を開けてベランダに出て、置いてあったイスなどを使って高さ120センチの手すりから下をのぞき込もうとし、落ちた可能性があるという。男児は父親(26)と母親(31)、祖父との4人暮らし。当時、両親は外出中で、母親の忘れ物を祖父が1階まで届ける間、部屋で1人になっていたという。