[PR]

 和歌山市園部(そのべ)で1998年7月、夏祭りのカレーに猛毒のヒ素(亜ヒ酸)が入れられて4人が死亡し、63人が急性ヒ素中毒になったカレー毒物混入事件。林真須美死刑囚(55)が請求している再審(裁判のやり直し)を開くかどうかの判断が、29日に和歌山地裁で示される。争点は何か。

 最大の争点は、確定判決の柱であるヒ素の鑑定だ。

 検察側は、林死刑囚の自宅などから押収したヒ素と、現場のごみ袋に捨てられた紙コップの内側に付いたヒ素粉末が同じものかを検証。放射光施設「スプリング8(エイト)」(兵庫県佐用町)に持ち込み、X線を当てて元素を調べる鑑定をし、「同一の原料、同一の工場で、同一の機会に製造された」との結果を導いた。

 カレー内のヒ素の結晶も構成が…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら