[PR]

 特別養護老人ホーム(特養)への入居を希望して入れなかった待機者は、2016年4月時点で約36万6千人だったと厚生労働省が27日発表した。前回調査した13年10月時点より16万人近く減った。比較的軽度な「要介護2以下」の高齢者が原則として入居できなくなったことが影響した。

 特養は全国に約9500カ所あり、約57万人が暮らす。有料老人ホームやサービス付き高齢者住宅と比べて利用料がおおむね安いため希望者が多く、前回調査で待機者は約52万4千人に上った。そこで15年4月から入居要件を厳格化。認知症や家族による虐待など在宅生活が難しい場合以外、要介護1、2の高齢者は特養に入れないようにした。

 その結果、要介護1、2の人からの申し込みが減り、待機者は約7万1千人。減少した約16万人のうち約11万人を占めた。1人で二つの施設を申し込むと、これまで2人と数えていたのを1人とするなど集計方法を変えた影響もある。

 政府は要介護3以上の特養待機者のうち、在宅の高齢者を20年代初頭までにゼロにする目標を掲げている。前回調査から今回までの2年半の間に定員は約5万人分増えたが、要介護3以上の待機者は約12万3千人いた。

 要介護3以上の待機者が最も多いのは東京都で2万4815人。神奈川県(1万6691人)、兵庫県(1万4983人)、北海道(1万2774人)、大阪府(1万2048人)と続いた。最も少ないのは徳島県で1161人だった。(水戸部六美)

都道府県別の特別養護老人ホームの待機者数(2016年4月1日時点、要介護3以上のみ)

北海道  1万2774人

青森県    3480人

岩手県    4406人

宮城県    6652人

秋田県    6748人

山形県    4632人

福島県    8494人

茨城県    5059人

栃木県    3399人

群馬県    4959人

埼玉県    7951人

千葉県  1万 165人

東京都  2万4815人

神奈川県 1万6691人

新潟県  1万1070人

富山県    3234人

石川県    2244人

福井県    2292人

山梨県    4860人

長野県    2343人

岐阜県    6737人

静岡県    6749人

愛知県  1万   6人

三重県    5359人

滋賀県    4905人

京都府    8755人

大阪府  1万2048人

兵庫県  1万4983人

奈良県    3187人

和歌山県   2603人

鳥取県    2084人

島根県    3354人

岡山県    6918人

広島県    9968人

山口県    5001人

徳島県    1161人

香川県    3392人

愛媛県    6385人

高知県    2584人

福岡県    6468人

佐賀県    2083人

長崎県    2846人

熊本県    4666人

大分県    2795人

宮崎県    3575人

鹿児島県   5100人

沖縄県    2587人