[PR]

 栃木県那須町のスキー場で27日に発生した雪崩は、近年に例がない大きな被害となった。天候が変化する中で訓練に踏み切った判断は適切だったのか。

 「亡くなられた方がいると聞き、痛恨の極みだ。もう少し危機管理体制が必要だったかなと、個人的には考えている」

 27日午後8時半から栃木県庁で記者会見した県高校体育連盟の橋本健一会長は、神妙な面持ちでこう述べた。

 現場付近では、27日未明から雪が激しく降っていた。県教育委員会によると、こうした悪天候のため、現地にいた県高校体育連盟登山部の猪瀬修一委員長らの判断で、午前7時から予定していた茶臼岳への往復登山は中止した。

 しかし、「冬山登山に必要だ」として、ゲレンデ周辺で「ラッセル訓練」をすることを決め、午前8時に訓練を始めたという。

 「ラッセル」は、深い雪をかき分けて、踏み固めながら道をつくって進む冬山登山の技術。ただ、今回のラッセル訓練は当初は計画されていなかったという。

 高体連の橋本会長は、訓練の実施について「猪瀬委員長と副委員長が判断したと思われる」と述べた。猪瀬委員長は山岳部の顧問歴が20年以上のベテランで、山岳の指導員の免許も持っていたという。

 「ベテランの先生がその場で判断して、実行したのではないか。子どもたちに安全教育をする使命感の下で判断したと思う。これまで一度も事故がなく、山岳登山の先生たちを高く評価しており、こういう事故が起きるとは思っていなかった」

 県教委によると、今回の登山は県高体連主催の「春山安全登山講習会」。実施要項によると、積雪期登山の理解を深め、安全登山の知識や技術を習得させるのが目的とされている。25日から2泊3日の予定で、現場のスキー場にテントを張り、県内7高校の山岳部1、2年生の生徒51人と引率の教員11人の計62人が参加していた。

 スポーツ庁が昨年11月に各都道府県教委や全国高体連などに出した通知では、高校生以下の冬山登山は原則、行わないよう指導することが求められている。

 このことについて問われた高体連の橋本会長は「春山という解釈の下で安全対策を習得させる講習会。私は専門家ではないが、(今回は)春山だと思う」との認識を示した。同庁は27日、緊急通知として、高校生以下は原則冬山登山をしないよう都道府県などに改めて指導を求めた。

■10年で1…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら