[PR]

 政府は28日の閣議で、国立研究開発法人土木研究所の理事長に、国土交通省OBで一般財団法人土木研究センター理事長の西川和広氏(63)を充てる人事を了承した。4月1日付。同省出身者の「天下り」は約7年ぶりとなる。

 西川氏は、1978年に建設省(現国交省)土木研究所に入り、同省道路局企画課長補佐、国交省国土技術政策総合研究所長などを務めた。石井啓一国交相はこの日の閣議後会見で、「選考委員会の選考結果を踏まえて最適だと判断した」と述べた。

 国交省の外郭団体では独立行政法人都市再生機構で昨年7月、同省出身者が理事長につく「天下り」が4年ぶりに復活。同省と関係の深い首都高速道路と新関西国際空港でも昨年、同省OBが社長に就いている。