[PR]

 強気の野球選手、父親似で背が高い子――。雪崩事故で突然命を絶たれた高校生たちを、知人たちが悼んだ。

 居間の布団にいた鏑木(かぶらぎ)悠輔さんは、普通に寝ているようだった。大田原高校2年で同じクラスの高久蓮(たかくれん)さん(17)は28日午前、亡くなった鏑木さんと対面した。

 保育園から高校まで一緒に通った幼なじみ。「かぶ」と呼び、中学校まで同じ野球チームで、小学校時代はバッテリーを組んだ。投手の鏑木さんは、明るくて前向き。強気の投球でチームを引っ張った。

 高校で山岳部に入った鏑木さんと、野球の話もよくした。先日、日本で2番目に高い北岳の山頂にいる写真を携帯電話で見せてもらった。富士山を背景に、「かぶ」も楽しそうだった。

 昨日、事故に巻き込まれたと聞き、LINEや電話で呼び続けた。中学時代の友人5人と鏑木さんの家に行った。待っている間、母親は「あの子はけがをしても、にこにこ帰ってくるよ」と話していた。

 今朝対面した鏑木さんの顔は、傷がなくきれいだった。「ずっと一緒にいたので、実感がわかない」。そう話すと口を閉ざした。

 「信じられない」。1年生の奥…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら