[PR]

 韓国南西部・珍島(チンド)沖で2014年に沈没した旅客船セウォル号から骨が28日、見つかった。当初は行方不明者の遺骨とみられたが検証の結果、動物の骨と判明した。

 セウォル号は海底から引き揚げられ、25日に運搬船に搭載された。陸揚げする港に向けて出発する準備作業中に運搬船の甲板で見つかった。

 韓国海洋水産省によると、発見された骨は計7点。セウォル号の開口部から運搬船の甲板に流れ出たとみられるという。

 事故では、修学旅行中の高校生ら295人が死亡、9人が行方不明になっている。(ソウル=東岡徹