[PR]

 人口50万人以上の都市の中で、一般ごみ排出量(1人1日あたり)が9年連続全国最少だった松山市が、東京都八王子市に1位の座を明け渡した。

 環境省調査によると、2015年度の市の家庭ごみの量は前年度より減ったが、飲食店などから出る事業系では増加。市は食べ残し削減などに力をそそぐ。

 野志克仁市長は、地元が舞台の人気小説「坂の上の雲」にあやかり、「全国最少という『坂の上の目標』に向かってスタートを切ります」。