[PR]

 4月11日に、マイクロソフトによるウィンドウズ・ビスタのサポート期間が終了します(画像1)。2014年4月にはXPのサポートが終了しており、それと同じことがビスタに起こることになります。あらためて、サポート終了の意味や対応について説明しておきましょう。(ライター・斎藤幾郎)

「サポート終了」の意味

 マイクロソフトは、ソフトウェア製品のサポート期間を「メインストリームサポート」と「延長サポート」の2段階、それぞれ最長5年ずつ、最大10年という期間で提供しています。ただし通常は、スタートの基準となる日付が発売日より後に設定されるため、実際にはやや長めの期間となります。今回終了するのはビスタの延長サポート期間です。

 メインストリームサポートは全製品を対象とし、ウェブサイトでの情報提供や新機能の追加なども行う期間、延長サポートは「セキュリティ更新プログラム」の配布と有償サポートなど、限られたサービスだけを引き続き提供する期間です。

 本来、延長サポート期間はビジネスソフトウェア向けに企業ユーザーなどを対象に提供されるもので、一般ユーザー向けの製品では前半のメインストリームサポートだけが提供されることになっていました。同じウィンドウズでも、「ホーム」はメインストリームサポートだけ、「プロ」は延長サポートもつくといった具合です。

 ところが、ウィンドウズXPが非常に多くのユーザーを獲得し、その次のビスタへの移行がスムーズに行かなかったことから、マイクロソフトはユーザーの要求に応えるかたちで、個人向けの「XPホームエディション」にも延長サポートを提供することになりました。

 ビスタのメインストリームサポートはXPの延長サポートより先に終わってしまいます。ビスタに従来の基準を当てはめると、個人向け製品ではXPよりビスタの方が先にサポート期間が終わるというねじれ現象が起きてしまいました。そのため、それを解消するためビスタやそれ以降の7などでも、延長サポートの対象が拡大されて現在に至ります。

 ちなみに、ウィンドウズ7のサポート期間はメインストリームサポートが2015年1月13日(すでに終了)、延長サポートが2020年1月14日まで。ウィンドウズ8(8.1への更新が必須)はそれぞれ2018年1月9日と2023年1月10日。ウィンドウズ10は2020年10月13日と2025年10月14日です(ウィンドウズ10のサポート期間の考え方は従来と少し異なるため、別の機会に改めて解説します)。

「穴」がふさがらなくなる

 サポート期間が終了すると、何が変わるのでしょうか。

 サポート終了以降でも、パソコンが使えなくなったり、ビスタが止まったりすることはありません。そのままの状態で使い続けることは可能です。今回のサポート終了で大きく変わるのは、今後ビスタにもセキュリティー上の問題点が発見されても、マイクロソフトからそれを修正する「セキュリティ更新プログラム」が提供されなくなることです。

 ウィンドウズに限らず、ソフトウェアではウイルスの感染や情報の漏出に悪用可能な「脆弱性(ぜいじゃくせい)」と呼ばれる問題点が発見されることがあります。発売後に見つかった場合には、それを修正するプログラムが作られて、個々のパソコンで実行、あるいはインストールして「修理する」のが一般的です。

 ウィンドウズでは、「ウィンドウズ・アップデート」という仕組みで、更新プログラムの入手とインストールの作業を自動化しています。今回のサポート終了でビスタ向けには更新プログラムが用意されなくなります。つまり、「ビスタは不具合が見つかっても修正しません」ということです。

 ビスタは2006年の発売。10年以上もたっていればだいたいの不具合は出尽くしているはずと考えたくなります。ところが、そうはいきません。2017年3月に配信された、「セキュリティ更新プログラム」の中にも、ビスタが対象になっているものが含まれています。現在でも、新旧ウィンドウズの多くに影響する脆弱性が発見されることがあるのです。

 脆弱性の情報の公開に合わせて、サポート期間内のウィンドウズ7などには、それを修正する更新プログラムが提供され続けます。ところが、サポートが終わったビスタは同じ脆弱性の影響を受けても放置されます。ウイルスに感染させようという攻撃に弱くなるのです。

 もちろん、そのような攻撃はセキュリティー対策ソフトで防げることもありますが、万全ではありません。パソコンを家に例えると、玄関にはセキュリティー対策ソフトという鍵がかかっているけれど、壁に脆弱性という穴があいたままになるので、ウイルスの侵入(感染)を許してしまう可能性がある。そんな状態になるのです。

 また、ウィンドウズ用ソフトや周辺機器のメーカーの中には、マイクロソフトのサポート終了に合わせて、自社製品でのビスタのサポートを終了するところもあるでしょう。マイクロソフトが無償で提供しているセキュリティーソフト「セキュリティ・エッセンシャルズ」もビスタはサポート対象外となります(画像2)。

■ビスタユーザーはどう…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら