【動画】おしえて!てぃ先生=戸田拓撮影
[PR]

 東京の保育園で働く男性保育士として、園児の言葉をツイッターに投稿している「てぃ先生」。フォロワーは40万人を超え、「保育の楽しさを伝えたい」と発信し続けています。まだ珍しい男性の保育士が自然に、当たり前に働ける社会にしたいと思っています。

 女の子(5歳)に「どうしたらおとなになれるの?」と聞かれたので「うーん…20歳になったらかなぁ」と答えたら、そばにいた男の子(5歳)が「『こどもになりたい』とおもったらじゃない?」と素敵な答えを言った。本当にそうかもしれない。

楽しさを発信

 てぃ先生がツイッターで紹介した保育園での一コマ。子どもの豊かな発想や感情が伝わってくる。

 ツイッターを始めたのは2012年。待機児童の問題や虐待といった育児のしんどさばかりを強調するニュースがあふれていた。「確かにうんざりすることもある。でも、子どもはこんなに面白くて保育は楽しい。ポジティブな面だけを抽出した発信があってもいい」と考えた。保育士になったころから勤務後や休憩時間に園児の言葉をスマートフォンなどにメモしていた。保護者に「クラスでこの遊びをしました」だけでなく、「○○君、こんなお話をしていましたよ」と個人の姿を伝えたかったからだ。

 ツイッターで発信するため、施設の許可を取った後で同僚とチームをつくり保護者一人ひとりから了解を得た。投稿内容が話題になり、メディアに出るようになったが、施設に迷惑をかけないよう「お面」をつけた。しかし、「顔を出して説明した方が真剣な姿勢が伝わる」と今年2月から顔出しするように。保護者も協力してくれている。

 保育士を志したきっかけは、進…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら