[PR]

 東芝の米原発子会社ウェスチングハウス(WH)は29日、米連邦破産法11条(日本の民事再生法に相当)の適用をニューヨーク州連邦破産裁判所に申請し、経営破綻(はたん)した。負債総額は約98億1100万ドル(約1兆890億円)。申請に伴って東芝はWHへの債務保証の引き当てなどが必要になり、2017年3月期の赤字は1兆円超に拡大する見通しだが、WHを巡って将来に損失が膨らむリスクを排除する。

 東芝の17年3月期の赤字はこれまで見込んでいた3900億円から1兆100億円へと拡大。国内製造業としては日立製作所が09年3月期に出した7873億円を上回って過去最大になる見通しだ。今年3月末の自己資本も、従来予想のマイナス1500億円からマイナス6200億円に債務超過額が拡大する見込み。

 一方で、申請によってWHは17年3月期から東芝の連結子会社ではなくなり、WHの損失は今後、東芝に直接影響しなくなる。29日に記者会見した東芝の綱川智社長は「健全な経営に向けた第一歩として、リスクの遮断を確実なものにしたい」と語った。

 WHは、設計などを手がけた原…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら