[PR]

 自動車大手8社の2月の世界生産は、前年同月比11・1%増の計236万2003台だった。中国やインド、欧州などで現地生産が伸び、国内生産も好調だった。

 世界生産は日産自動車、ホンダ、スズキ、ダイハツ工業、富士重工業の5社が2月として過去最高。中国の春節に伴う休日が前年同月より少なかったこともあり、トヨタ自動車、日産、ホンダの大手3社の中国生産は前年同月より4~5割増えた。米国では日本メーカーが得意な小型車の需要が縮んでおり、多くのメーカーが生産台数を減らした。

 国内生産は前年同月比12・5%増の計81万994台だった。トヨタは同23・6%の大幅増。昨年は傘下の愛知製鋼で起きた爆発事故の影響で生産が減っており、その反動で増えた。トヨタに新型の小型車を供給するダイハツは同24・8%増で、2月として過去最高だった。(榊原謙)