[PR]

 自民党の「弾道ミサイル防衛に関する検討チーム」は29日、北朝鮮のミサイル施設を攻撃するための「敵基地反撃能力」を政府は持つべきだという提言を発表した。チーム座長の小野寺五典・元防衛相は記者団に次のように語った。

 北朝鮮の弾道ミサイル技術はかなり進展がみられ、総理もおっしゃるように新たなステージになっている。我が国を守るための考え方を今回まとめた。

 我が国独自の敵基地反撃能力の保有を提言した。北朝鮮のミサイル(の1発目)をミサイル防衛で防いだとして、2、3発目を撃たせないために(発射された)策源地に反撃して無力化することが大変重要だ。

 今は米軍が敵基地反撃能力を担うが、日米同盟の信頼関係の中で、日本も保有を検討する必要がある。

 ――いつごろまでに保有すべきだと考えますか。

 北朝鮮の威嚇的な発言とミサイル発射や核実験への対応は災害と同じぐらいの緊急性を持つという問題意識で、政府には速やかな対応を求めたい。

 ――日本の防衛で日米の役割分…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら