拡大する写真・図版 会見する県高体連登山専門部の猪瀬修一専門委員長=29日午後5時48分、栃木県庁、遠藤啓生撮影

[PR]

 惨事はなぜ起きたのか。栃木県高校体育連盟登山専門部の猪瀬修一専門委員長(50)が、那須町のスキー場付近で8人が死亡した雪崩の発生前後の状況などについて説明した。

 予定していた茶臼岳登山を中止する一方、深い雪をかき分けて進む「ラッセル訓練」をなぜしたのか。

 27日午前6時前。スキー場の近くの旅館にいた猪瀬氏が携帯電話で天気予報を確認し、管理事務所そばのテントにいた引率教諭の携帯電話を鳴らした。

 現場を見た教諭は、「雪が降っているので登山は無理。ただ、スキー場のところでラッセル訓練はできる」と言ったという。これを受け、もう1人の引率教諭と話し合い、最終的に猪瀬氏が午前7時半からのラッセル訓練の開始を決めた。猪瀬氏は「登山経験が長い引率教諭と3人で話し合って決めた」とも述べた。

 前日から雪崩注意報が出ていたのは知っていたが、27日午前7時半ごろ、猪瀬氏ら3人は改めて管理事務所から訓練場所を確認。風はなく、雪はぱらぱらと舞い落ちる程度だったという。ゲレンデ付近の積雪を見て、ラッセル訓練にも条件がいいと感じ、「とにかく雪に触れさせたい」と考えていたという。

 生徒たちの出発は午前8時ごろ。猪瀬氏は「雪崩が起きやすいところに近寄らなければ安全と判断していた」と振り返った。危険と考えた場所は避けていた。雪崩が起きた場所については、「過去の経験則から雪崩はない」と判断していたという。

■発生40分後、本部へ「緊急事…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら