[PR]

選抜高校野球決勝

 両校は昨秋の大阪府大会準決勝で対戦し、7―4で履正社が勝った。が、その差はもうない。ともに準決勝を苦しみながら制し、最高の雰囲気で臨めそうだ。

 大阪桐蔭打線のキーマンは1番藤原。ここ2試合は無安打だが、状態は悪くない。早い段階で1本出れば、本人も打線も勢いづき、好調な山田ら中軸に好機で回せる。履正社は上り調子の安田の前に走者を置けるか。状況によっては安田は歩かされることもあるため、後ろを打つ若林の復調も鍵だ。

 どちらも3連戦となるため、投手起用はどうなるか。履正社の竹田は準決勝でキレが落ちたのが心配材料。大阪桐蔭の徳山は連投となった準決勝も衰えはなかったが、3連投だとどうか。どちらも早めに援護したい。(山口史朗

     ◇

 岡田監督(履) 「相手は強力打線。うちのバッテリーがどこまで粘れるかがポイントになる。ここまで来たら優勝できるよう、選手は臆することなく全力で戦ってほしい」

 西谷監督(大) 「相手は準決勝で最後に逆転し、(対戦した)昨秋より底力がついている。最後に1点勝っていればいい。気持ちを込めて戦い抜き、春の『日本一』を取りたい」

関連ニュース